しあわせにゃんこでハートの循環はじめます♪

夏からあたためてきた企画がいよいよ始動します☆

C.P.FACTORY さんとのコラボで、ねこのび屋デザインのしあわせにゃんこが木工作品になりました!

 

 

まずはひのきペンダント♪

 

ひのきの間伐材と貝ボタンを使い、可愛いねこがボールにじゃれている全身とアップの2種類ができました。

裏には色とりどりの革を貼っていて選ぶのも楽しいし、ひのきのいい香りで気持ちが落ち着きますー♪

 

 

革紐の長さを調節できるので、ペンダントとバッグチャームの2wayでお使いいただけるんです。

 

 

同じデザインでひのきコースターも。

 

これらのしあわせにゃんこシリーズは、20日の谷中路地マルシェで販売開始☆ネットショップでもお求めできるよう準備中です。

 

 

 

もうひとつはお守りにゃんこ。しあわせにゃんこより一回り小さいサイズです。

くり抜かれた所から裏に貼った革の色が見えているのがいいでしょ?うつむいたねこの額のあたりが広めに空けてあるのは・・・

 

 

ここに梵字や龍体文字を手書きで入れてお守りにゃんこが完成するのです。ひとりひとりのご希望にに合わせた文字をいれるので、オリジナルの一品をお渡しできます。

猫の額というと狭いことのたとえですけど、これはハッピーを祈るにゃんこなのです。

 

 

これらのしあわせにゃんこ、お守りにゃんこシリーズは、横浜市内の障害者施設で作っていただきました。

C.P.FACTORY のアートディレクター平安山(へんざん)美春さんは若い頃からボランティア活動をされてきた方。近年は横浜の障害者施設と社会をハンドメイドやアートでつなぐお仕事をしていて、ねこのデザインをする人を探していたとのこと。

私の方は、最近遅ればせながら社会貢献ということを考え始めるようになったところでこのようなご縁があり、私で良ければ!と即、企画に参加させていただくことになりました。

 

作品を通して誰かのしあわせを作る「もの作り」は障害のあるなしに関わらず、やりがいのある手仕事です。そして作ることは自分自身をもしあわせに、楽しくさせてくれるものです。

今回、このお話をいただいた時に「共に楽しめる仕事ができる」と思い、今後、継続してコラボ作品を作ることを決めました。

しあわせを願う気持ちを私たち作り手からみなさんに届けます。

 

そしてコラボ作品の売り上げの10%は施設へ寄付いたします。お求めくださることで手軽にできる社会貢献です。使ってくださるあなたのあたたかい気持ちをお返しして、ハートの循環を作っていきます。